婚活ブログ!アラフォー男の活動日記

アラサーでアラフォー目前の独身男が、死に物狂いで婚活し、結婚するまでを活動記録したブログです。果たして私は無事に結婚することが出来るのか!?

婚活の体験談

「婚活136日目 見合いに全てをかけるしかない」

前回、見合いで失敗しているので、今回は気を引き締めていきました。これで決めるぞ!そう決意して茶室へ。僕はこういう場所でお茶を飲んだことがなかったので、まったく作法がわからなかったんですが、見合い相手の女性が丁寧に教えてくれました。抹茶を飲むというのは、なかなか難しいですね。きちんと習ったのですが、家へ帰ってきた頃には忘れていました。

見合い相手は和服が似合う小柄な可愛い女性でした。38才には見えませんでした。物腰柔らかな女性で、初めてのお茶も楽しく飲めました。足が痺れてしまって、転びそうになったんですが、そんな僕を見てくすくす笑っているところが可愛くて、その笑顔にすっかりやられてしまいました。

二人で庭を散歩したんですが、二人きりになると口数の少ない女性でした。しゃべるのが苦手だと言っていたので、僕と同じだなと思って、二人で色々と口べたで苦労したことについて話しました。正直言って、今回は上手くいく!と思いました。雰囲気も良かったし、彼女も僕のことを結構気に入ってくれたように見えました。でも、安心したら駄目だと言うことはわかっているので、雰囲気だけで判断しません!今まで、上手くいきそうな雰囲気に騙されてきました。だから、僕は最後まで気を抜かずに、彼女をエスコートしました。

見合いが終わってから両親には、付き合いたいと思っていると伝えておきました。両親は、そろそろ上手く行って欲しいと言っています。しかし、それはこっちのセリフです。僕の婚活を両親は知りません。僕は両親が知っている以上に振られているんです。そろそろ結果を出したい!頼むから、付き合うといってくれ!もう、祈るしかないです。

-婚活の体験談