婚活ブログ!アラフォー男の活動日記

アラサーでアラフォー目前の独身男が、死に物狂いで婚活し、結婚するまでを活動記録したブログです。果たして私は無事に結婚することが出来るのか!?

婚活の体験談

「婚活35日目 僕以外を選んでました」

お見合いパーティーへ行きまくると決めて参加した動物好き限定パーティー。なんとか、話は出来ました。どんな犬種が好きかとか。そういうことをちょっとだけ。ペットを飼っている女性に、写真を見せてもらったりとかもしました。男女合わせて20人ぐらいの小さめパーティーでしたが、今までで一番マシなお見合いパーティーでした。僕に相手が見つからなかったこと以外は、まあまあの出来です。

絶対、3人以上に声をかけると決めて参加したのですが、とりあえず3人には声をかけられました。一番良い感じで話せたのが、29才の可愛い感じの女性。他の男と写真を見ながら話していたので、男がいなくなった時に写真を見せてもらうことにしました。声をかけるぞと決めて、その男がいなくなるのを待っているとき、僕の手はぶるぶる震えていました。39才にもなって、緊張のあまり体もがくがく震えそうに。女性に声をかけようとしただけで、こんなに緊張してしまう自分が情けなかったです。でも、今はどんなに格好悪くても、声をかけるのが大事。死ぬ気で話しかけました。

「写真、見せてもらえますか?」と声をかけたんですが、見事に声がひっくり返ってました。どこから声が出しているのかわからないぐらい酷い声に。向こうはちょっと驚いたみたいでしたが、写真を見せてくれました。飼い猫の写真だったので、とにかくその猫を褒めようと思って、可愛いね、とか、毛並みがいいね、とか。頭に浮かんだ褒め言葉を全部言いました。女性は喜んでくれて、ちょっと良い感じに。勇気を出して良かったと思いました。

最後、気に入った相手の名前を紙に書いてスタッフに渡すのですが、僕はその女性の名前を書いて出しました。もしかして行けるかも、と思ったんですが、その女性は、僕が話しかける前に話していた男とカップルになっていました。僕が手をぶるぶる震わせて待っていた時に、女性と写真を見ながらしゃべっていた男です。

女性と話す、ということでは一歩前進したけど、残念な結果に終わりました。次は僕を選んでくれる相手が見つかるといいなと思います。

-婚活の体験談